太陽光発電O&Mブログ

発火事故の出現率は?

岩手県の発電所で発見した「発火事故例」です。

焦げたバックシート

接触不良で発火事故の原因となったMCコネクタ

 

この事例は、MC4コネクター内部の接触不良が原因で、アークが発生して焼損したと考えられます。

ちなみに、エナジービジョンで、2014年6月~2015年4月までの間に、太陽光発電所86件の点検を実施しました。
その内、発火事故を起こしていた発電所の数は11件。なんと、12.8%で発火事故が起きています。

弊社が点検する以上、なんらか不具合が発生している、もしくは、不具合発生が予見される発電所というバイアスが掛かってはいますが、それにしても、1割以上で発火事故が起きていたというのは驚愕の事実です。

しかも、点検するまで発火事故に気づいていない、のですから、たまたま大事故にはなっていませんが、放置していれば大事故につながる危険性はとても大きいと言えそうです。

そのような大事故を回避するための方法を以下の無料セミナーでお伝えします。

●太陽光発電事業者様 必聴セミナー『太陽光発電O&M講座』6月16日 東京開催●

★今後のトラブル事例の最新情報はこちら★

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

約700基以上の太陽光発電所のメンテナンスに取り組んできた エナジービジョン社が、よくある発電量低下の原因と、 発電事業者ができる対策を丁寧に解説いたしました。

これを読めば売電ロス低下を防ぐことができます。ぜひダウンロードし、売電収入アップにお役立てください。

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

下記のフォームより必須項目を入力のうえ送信すると、
ダウンロード案内のメールが送られます。
メールの案内に従ってダウンロードしてください。

※しつこいサービスの勧誘は一切いたしません。いつでも登録を解除できます。

Marketing by