太陽光発電O&Mブログ

もしも台風で太陽光発電所が飛散してしまったら

万一、台風で太陽光発電所が飛散したり土砂崩れを起こしてしまったら、どのような対処をしたら良いでしょうか?

太陽光発電事業を適正に実施するための【事業計画策定ガイドライン】によると、

「発電設備の異常又は破損等により地域への被害が発生するおそれがある場合又は発生した場合は自治体及び地域住民へ速やかにその旨を連絡するように務めること」

「事故が発生した場合、電気関係報告規則消費生活用製品安全法の定めに従い、事故報告を行うこと」

と決められています。

第一報は24時間以内、詳報は30日以内となります。

参考 関東東北産業保安監督部のページ↓
http://www.safety-kanto.meti.go.jp/denki/jikohokoku/20040426jikoindex.html

ちなみに電気関係報告規則で定めるのは、「自家用電気工作物」についてですので、低圧発電所は対象とはなりません。

2017/10/29 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

約700基以上の太陽光発電所のメンテナンスに取り組んできた エナジービジョン社が、よくある発電量低下の原因と、 発電事業者ができる対策を丁寧に解説いたしました。

これを読めば売電ロス低下を防ぐことができます。ぜひダウンロードし、売電収入アップにお役立てください。

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

下記のフォームより必須項目を入力のうえ送信すると、
ダウンロード案内のメールが送られます。
メールの案内に従ってダウンロードしてください。

※しつこいサービスの勧誘は一切いたしません。いつでも登録を解除できます。

Marketing by