太陽光発電O&Mブログ

太陽光パネルは洗浄した方が良い?

太陽光パネルは洗浄した方が良いのか?、しなくても良いのか?、
ケースバイケースで考えましょう。

洗浄方法が、

1.パネルや環境にダメージを与えない、かつ、
2.洗浄費用が安い

ならば、洗った方が良い、とシンプルに言えます。
ただし、すべての方法が問題なし、という訳ではありません。

まずは、洗浄方法をよく吟味しましょう。
前にも書きましたが太陽光パネルは意外と壊れます

高圧洗浄などで太陽光パネルに想定外の力が掛かると、内部のセルにマイクロクラックが入る可能性があります。
また、ブラシで強くこするとパネル表面のコーティングに悪影響をおよぼすこともありますし、水道水で洗うと、水が蒸発した後にカルキが白く残ることがあります。

洗浄剤についても、使用禁止としているパネルメーカーもあります。
(環境にダメージを与える可能性がある洗浄剤もあります。)

2.についても、よく検討した方が良いでしょう。
汚れによるわずかな発電量の低下を取り戻すために、大きな洗浄費用を掛けるのはおかしな話です。

どんなにピカピカに磨いたところで、永久にピカピカな訳ではありません。しばらく経てばやっぱり汚れが付着します。

ただし、発電量の低下が大きい場合には、費用を掛けてでも洗浄した方が良い、ということもあります。

樹木の下に設置されたパネルは汚れが激しいことも

樹木の下に設置されたパネルは汚れが激しいことも

なんでもかんでも洗えば良い、というものではありませんし、洗う必要がない、とも言い切れません。
ケースバイケースで考えましょう。

2017/12/6 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

約700基以上の太陽光発電所のメンテナンスに取り組んできた エナジービジョン社が、よくある発電量低下の原因と、 発電事業者ができる対策を丁寧に解説いたしました。

これを読めば売電ロス低下を防ぐことができます。ぜひダウンロードし、売電収入アップにお役立てください。

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

下記のフォームより必須項目を入力のうえ送信すると、
ダウンロード案内のメールが送られます。
メールの案内に従ってダウンロードしてください。

※しつこいサービスの勧誘は一切いたしません。いつでも登録を解除できます。

Marketing by