太陽光発電O&Mブログ

どの点検機器を使えば良いのでしょうか? 4

太陽光パネルの不具合を見つける点検機器として、インピーダンスを測定するタイプが増えています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【太陽光発電のO&Mは、エナジービジョンが運営する全国対応『新エネルギーサポーター』にご相談ください。『新エネルギーサポーター』では、低コストでしっかりとしたオペレーションとメンテナンスをご提案します。】

昨日のつづきです。

インピーダンスを測定する点検機器の大元は、システム・ジェイディーが開発した『SOKODES』でした。

インピーダンス計測器の元祖、SOKODES

NEDOの支援を受けて開発された、インピーダンス計測器の元祖 SOKODES

『SOKODES』は、半導体の良否を判断する技術を太陽光パネル用に転用したものです。(太陽光パネルも半導体の一種)
NEDO(国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)の支援を受けて開発されました。(資源エネルギー庁長官賞も受賞

日射量に依存せず、パネルのクラスタ断線など致命的な問題を容易に発見できます。

現在では、インピーダンス測定によるパネル判定の有効性が認められ、多くのメーカーから同様の方式の機器が発売されています。

アイテスのソラメンテZオムロンのDC Fault Tester新栄電子計測器のIVH-2000Z同じくPVR-1000などなど。

オムロンのインピダンス計測器 DC Fault Tster

オムロンのインピーダンス計測器 DC Fault Tster

新栄電子計測器のPVR-1000

新栄電子計測器のPVR-1000

太陽光発電のO&Mは新しい業界だけに、次々に新しい機器や手法が開発されています。

 でも、最新の点検機器を使えばそれですべてOKか?、というと、そうでもないんです。

→つづく

2018/1/7 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

産業用太陽光発電所のトラブル・不安のご相談はお気軽に(無料)

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

約700基以上の太陽光発電所のメンテナンスに取り組んできた エナジービジョン社が、よくある発電量低下の原因と、 発電事業者ができる対策を丁寧に解説いたしました。

これを読めば売電ロス低下を防ぐことができます。ぜひダウンロードし、売電収入アップにお役立てください。

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

下記のフォームより必須項目を入力のうえ送信すると、
ダウンロード案内のメールが送られます。
メールの案内に従ってダウンロードしてください。

※しつこいサービスの勧誘は一切いたしません。いつでも登録を解除できます。

Marketing by