太陽光発電O&Mブログ

大正3年創刊の月刊誌に掲載されました

大正3年創刊の月刊誌が今も継続しているってすごいことです。
そのすごい月刊誌に弊社O&M事業部長の秋永が掲載されました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【太陽光発電のO&Mは、エナジービジョンが運営する全国対応『新エネルギーサポーター』にご相談ください。『新エネルギーサポーター』では、低コストでしっかりとしたオペレーションとメンテナンスをご提案します。】

電気技術系の出版社として有名なオーム社ですが、その看板雑誌『月刊OHM 1月号』で、新春座談会「太陽光発電設備の保守・メンテナンスの現状と問題点」という記事が掲載されています。

その座談会に弊社秋永も参加致しました。

太陽光発電メンテナンスの重鎮が集結した座談会

太陽光発電メンテナンスの重鎮が集結した座談会

日本太陽エネルギー学会の会長である太和田先生を筆頭に、日本太陽光メンテナンス協会の寺田理事、架台メーカー 奥地建産の奥地会長など、そうそうたるメンバー。

とはいえ、秋永もO&Mの現場に長く身を置いており、これまで培った実績をベースに、遠慮なしで話させていただきました(笑)。

オーム3

大正3年に敬意を表して、ぜひ、ご購入の上、読んでみて下さい!

太陽光発電のO&Mが抱える問題点がつまびらかになっております。

2018/1/10 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

産業用太陽光発電所のメンテナンス・不安のご相談はお気軽に『新エネルギーサポーター』まで(無料)

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

約700基以上の太陽光発電所のメンテナンスに取り組んできた エナジービジョン社が、よくある発電量低下の原因と、 発電事業者ができる対策を丁寧に解説いたしました。

これを読めば売電ロス低下を防ぐことができます。ぜひダウンロードし、売電収入アップにお役立てください。

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

下記のフォームより必須項目を入力のうえ送信すると、
ダウンロード案内のメールが送られます。
メールの案内に従ってダウンロードしてください。

※しつこいサービスの勧誘は一切いたしません。いつでも登録を解除できます。

Marketing by