fbpx
太陽光発電O&Mブログ

4000枚の中から交換対象モジュールを発見

1MWの太陽光発電所のモジュール枚数はおよそ4000枚。
その4000枚の中から、発電量が落ちて交換対象となるモジュールを、点検して発見しました。
メーカーによるモジュールの発電保証が付いているとしても、『モジュールの発電量が落ちていること』を発見しなければ保証を適用することはできません。
エナジービジョン社の点検ならば、交換対象のモジュールを簡単に発見できます。

不具合モジュールを含むソーラーパネル4000枚

4000枚のモジュールを1枚ずつ点検していてはいくら時間があっても足りません。
まずは「ソコデス」でストリングごとに異常がないか検査し、異常が出たストリングだけを、もっと詳しく検査します。

通常「ソコデス」では、ストリングの何枚目のモジュールが異常か、まで特定できるのですが、今回は少し問題があり手こずりました。
下の写真のように余ったケーブルが巻いてあると、異常モジュールの位置がずれて特定されることがあります。ケーブルが一種のコイル状態になり、「ソコデス」による測定の精度を下げてしまいます。
特定した不具合パネルをサーマルカメラで点検

今回は「ソコデス」でおよその範囲まで絞った後、サーモグラフィカメラにて詳細にチェックしました。(通常もサーモグラフィカメラを併用しますが、「ソコデス」でピンポイントに異常モジュールを特定できるため、あまり広範囲にサーモグラフィカメラでチェックすることはありません。)

すると、下の写真のように端子箱内のバイパスダイオードが発熱しているモジュールを発見しました。

パネル上の異常発熱を示すサーモグラフィ画像

 

バイパスダイオードが作動して発熱しているということは、該当のクラスタが断線している可能性が高いと判断して、モジュールを外して単体で「ソコデス」で測定しました。
すると抵抗値が1000Ωを超えており、これにより当該モジュールを異常と断定しました。

今回点検した1MWの太陽光発電所の約4000枚のモジュールの中から、上記の方法で、2枚の異常モジュールを発見できました。

ちなみに、太陽電池モジュールは一度悪化し始めると自然に治ることはなく、悪化の一途をたどります。
最悪の場合、発火して火災を招く事例も実際にありますので、異常モジュールを早期発見して交換することは、太陽光発電所全体の価値をゼロにしてしまわないために、とても重要な事と考えております。

●太陽光発電事業者様 必聴セミナー『太陽光発電O&M講座』6月16日 東京開催●

★今後のトラブル事例の最新情報はこちら★

太陽光発電の発電量低下の原因一覧
太陽光発電の発電量低下の原因一覧

約700基以上の太陽光発電所のメンテナンスに取り組んできた エナジービジョン社が、よくある発電量低下の原因と、 発電事業者ができる対策を丁寧に解説いたしました。

これを読めば売電ロス低下を防ぐことができます。

さらにメールマガジンでは25万円の売電ロスを発見した手法や、メンテナンス費用を削減する方法、ご自分でメンテナンスする方法についても余すことなくお伝えしています。

ぜひ資料をダウンロード・メルマガ購読し、売電収入アップにお役立てください。

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

下記のフォームより必須項目を入力のうえ送信すると、
ダウンロード案内のメールが送られます。
メールの案内に従ってダウンロードしてください。

必須

※しつこいサービスの勧誘は一切いたしません。いつでも登録を解除できます。

当社は、業務に従事するすべての者が個人情報保護の重要性を認識し、個人情報保護に関連する法令を遵守し、お客様から提供いただく個人情報を適正に取り扱うとともに、安全管理について適切な措置を講じます。個人情報に関する相談・苦情に迅速に対応し、個人情報の取扱いおよび安全管理に係る適切な措置について、適宜見直しを行い改善します。

1.個人情報の取得

当社は、十分な安全管理措置を講じたうえで、業務上必要な範囲で、かつ適法で公正な手段により個人情報を取得します。

2.個人情報の利用目的

当社は、取得した個人情報を当社の再生可能エネルギー発電設備の販売、建設工事、改修工事、検査・点検、運営・メンテナンスおよびこれらの業務の支援、これらに関するセミナー等の事業の実施、ならびに関連する商品およびサービス(関連会社または提携会社が取り扱う商品およびサービスを含みます)の案内および提供等に利用します。
当社は、上記の利用目的について、それられと相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲において変更することがあります。当社は、その変更を行う場合は、その内容を当社ホームページ(http://www.energyvision.tv)等により公表します。

3.個人データの安全管理措置

当社は、取り扱う個人データの漏えい、滅失またはき損の防止その他の安全管理のため、合理的かつ適切な安全対策を講じるとともに、万が一、問題等が発生した場合は、速やかに適切な是正対策を行います。

4.個人データの第三者への提供

当社は、次のいずれかに該当する場合を除き、ご本人の同意なく個人データを第三者へ提供しません。

  • 法令に基づく場合
  • 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  • 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  • 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
  • 個人情報の利用目的の達成に必要な範囲内において、業務委託先に個人データの取扱いの全部または一部を委託する場合
  • 当法人の会員のサービス、商品、セミナー等に関する情報を案内するために必要な個人情報を当法人の会員へ提供する場合
  • 当法人の事業に必要な保険契約に関して、契約締結、保険金請求等に関連する個人情報を保険会社へ提供する場合
  • 当法人の事業に関する相談、苦情もしくは事故への対応、紛争の解決に向けたあっせん等または関係者への情報提供等のために、当法人の事業に関連する公的機関、業界団体等へ必要な個人情報を提供する場合

当社は、上記の個人データを第三者へ提供する場合について、それらのいずれかと相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲において変更することがあります。当社は、その変更を行う場合は、その内容を当社ホームページ(http://www.energyvision.tv)等により公表します。

5.センシティブ情報の取扱い

当社は、政治的見解、信教(宗教、思想および信条をいいます)、労働組合への加盟、人種および民族、門地および本籍地、保健医療および性生活ならびに犯罪歴に関する個人情報(以下「センシティブ情報」といいます)を、次に掲げる場合を除き、取得、利用および第三者への提供を行いません。

  • 法令に基づく場合
  • 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合
  • 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合
  • 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合
  • 当法人の事業に関し、相続による権利承継または相続手続きを伴う事務等の遂行に必要な限りにおいて、センシティブ情報を取得、利用または第三者へ提供する場合
  • 当法人事業の適切な運営を確保する必要性から、本人の同意に基づき事業遂行上必要な範囲でセンシティブ情報を取得、利用または第三者へ提供する場合

6.個人情報の開示、訂正等の手続き

当社が保有する個人情報の開示、訂正、変更、削除もしくは利用の停止の請求、または苦情、相談などについては、下記のお問合せ先へ照会ください。照会者が本人であることを確認させていただいたうえで対応させていただきますので、予め了承願います。

【お問い合わせ先】

株式会社エナジービジョン お客様相談室(ご相談・苦情) TEL:03(5829)6424(平日10:00~17:30) FAX:050(3383)4769 メール:request@energyvision.tv

必須
Marketing by
  • ※メールアドレスを登録後、資料をメールにてお送りいたします
  • ※資料ダウンロードを申請すると自動でメールマガジンに登録されます
  • ※メールマガジンはいつでも解除可能です
  • ※個人情報保護の観点より、プライバシーを遵守しております。