太陽光発電O&Mブログ

台風が来る前にやるべきこと

先週、今週と2週続けて週末に台風が来そうです。
台風が来る前に、太陽光発電所でやっておくべきこととはなんでしょうか?

太陽光発電事業をやる上でバイブルとなる【事業計画策定ガイドライン(太陽光発電)】(資源エネルギー庁)によると、

「発電設備に異常をきたすような落雷・洪水・暴風・豪雪等の発生が予想される場合、事前の点検等を行うように務めること」

とあります。
実は、先週の台風でパネルが飛散した、という事故が結構発生しています。
どんなにしっかり作ってあったとしても、風が強すぎれば飛んでしまうことは避けられません。
そうではありますが、できるだけ飛ばないようにしたいところです。

可能ならば事前に現場に行き点検して、ネジの緩みなどをチェックしておいた方が良いでしょう。
とはいえ、管理している発電所が100ヶ所、200ヶ所とあれば、とても間に合いません。

災害は直面しないとなかなか事前対策では動けませんが、来てしまってからでは遅く、常日頃にどれだけ準備できているか、が大事です。台風が来る前に付け焼き刃でバタバタするよりも、定期的にチェックしておく方が望ましい、と言えます。

2017/10/28 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

約700基以上の太陽光発電所のメンテナンスに取り組んできた エナジービジョン社が、よくある発電量低下の原因と、 発電事業者ができる対策を丁寧に解説いたしました。

これを読めば売電ロス低下を防ぐことができます。ぜひダウンロードし、売電収入アップにお役立てください。

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

下記のフォームより必須項目を入力のうえ送信すると、
ダウンロード案内のメールが送られます。
メールの案内に従ってダウンロードしてください。

※しつこいサービスの勧誘は一切いたしません。いつでも登録を解除できます。

Marketing by