太陽光発電O&Mブログ

危ない発電所を見つけてしまったら・・・

台風や長雨の影響で土砂崩れや土砂流出による、崩壊しそうな発電所を見つけてしまった時にはどうしたら良いでしょうか?

土砂崩れに限らず、パネルが飛散していたり、感電しそうだったり、自然環境を破壊していたり、そんな不都合な発電所を発見してしまった場合、資源エネルギー庁に通報して指導、改善してもらうことができます。

↓資源エネルギー庁の「なっとく!再生可能エネルギー」ページ

 通報

左側に「不適切案件に関する情報提供」というバナーがあります。

発電所の入り口付近には、その発電所の情報(発電所名、発電事業者名、連絡先)が標識に掲示されているはずです。

それを確認して、上記通報窓口から連絡して指導・改善してもらいましょう。

2017/10/31 株式会社エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

約700基以上の太陽光発電所のメンテナンスに取り組んできた エナジービジョン社が、よくある発電量低下の原因と、 発電事業者ができる対策を丁寧に解説いたしました。

これを読めば売電ロス低下を防ぐことができます。ぜひダウンロードし、売電収入アップにお役立てください。

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

下記のフォームより必須項目を入力のうえ送信すると、
ダウンロード案内のメールが送られます。
メールの案内に従ってダウンロードしてください。

※しつこいサービスの勧誘は一切いたしません。いつでも登録を解除できます。

Marketing by