太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電所の土砂崩れが発生しています

最近良く聞くトラブルが太陽光発電所の土砂崩れです。
自然災害(水害)の場合もありますが、人災が疑われる例も少なくありません。

土砂崩れの原因として太陽光発電の施工店が造成工事に疎く、拙い工事をしてしまった(またはコスト削減を優先して、本来やるべき工事をやらなかった)ことが原因となっていることがよくあります。

切土や盛土をしてできた法面(のりめん=人工的な斜面)は侵食対策が不十分だと、経年によって劣化し崩壊することがあります。

侵食対策としては、雨水を逃す水路を作る植生マットを貼り付ける緑化させるブロックを積む、など様々な方法がありますが、残念ながら対策されていない発電所が少なくありません。

EV社でも土砂崩れが発生している発電所の改修工事をしましたが、結構な費用が掛かってしまいます。
すでに設置してある発電設備を一度外して、造成をやり直してから再度付け直すという手間が掛かりますし、場合によっては重機が入れず人工が嵩むこともあります。

法面を保護する植生マットの施工例

法面を保護する植生マットの施工例

発電事業者としては想定外の出費となるので、極力やりたくないことでしょうが、土砂崩れをそのままにしていると下流に悪影響を与えてしまい、改正FIT法的にはアウト(指導・助言~改善命令~認定取消し)となります。

また、指導・助言等がなかったとしても、そのうち発電設備が崩壊するでしょう。
自然治癒はありえませんから放置していれば悪化の一途です。

発電事業を土砂崩れで失敗しないためには、どうすれば良いのでしょうか?

→つづく

2017/11/30 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

約700基以上の太陽光発電所のメンテナンスに取り組んできた エナジービジョン社が、よくある発電量低下の原因と、 発電事業者ができる対策を丁寧に解説いたしました。

これを読めば売電ロス低下を防ぐことができます。ぜひダウンロードし、売電収入アップにお役立てください。

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

下記のフォームより必須項目を入力のうえ送信すると、
ダウンロード案内のメールが送られます。
メールの案内に従ってダウンロードしてください。

※しつこいサービスの勧誘は一切いたしません。いつでも登録を解除できます。

Marketing by