太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電所は足下を見て選ぶ…

太陽光発電所を選ぶ際に、最も重視するべきポイントとは何でしょうか?

多くの方は、「発電量!、売電金額!」と言うでしょうが、O&Mの立場からはもっと大事な部分があります。

それは、足下です。

地盤や基礎がしっかりしていないと、発電所が飛んだり、ひっくり返ったりします。
実際に倒壊してしまい、修繕できないか?、という依頼がEV社にも複数届いていますがかなり高額になります。

太陽光発電所は地盤や基礎が大事

太陽光発電所は地盤や基礎が大事

どんなに発電量や売電金額が良かったとしても、数年で倒壊してしまえば、結果、大損です。

通常、表利回り10%ぐらいでしょうから、10年で元を取り、残り10年分が儲け、という感じになります。

でも、数年で壊れて、その修繕に大金が必要となれば、元を取るまでに20年掛かってしまうかもしれません。そうなると、残り10年分の儲けが消し飛んでしまい、骨折り損のくたびれ儲けとなります。

売電金額が少しばかり多いか、少ないか、ということよりも、まずは20年壊れないのか?、という点を最重要視することを強くお勧めします。

2017/12/5 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

約700基以上の太陽光発電所のメンテナンスに取り組んできた エナジービジョン社が、よくある発電量低下の原因と、 発電事業者ができる対策を丁寧に解説いたしました。

これを読めば売電ロス低下を防ぐことができます。ぜひダウンロードし、売電収入アップにお役立てください。

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

下記のフォームより必須項目を入力のうえ送信すると、
ダウンロード案内のメールが送られます。
メールの案内に従ってダウンロードしてください。

※しつこいサービスの勧誘は一切いたしません。いつでも登録を解除できます。

Marketing by