太陽光発電O&Mブログ

O&Mの適正価格を考える

太陽光発電所のO&Mの適正価格は、いったいどんな基準で考えたら良いのでしょうか?

発電所の一義的な目的は、「できるだけ多くの収益を上げること」ですから、もしも発電所が壊れないならば、O&Mには1円も掛けないのが正解です。

でも、残念ながら壊れない発電所はありません

太陽光発電所が壊れる以上、その予防や壊れた時にできるだけ素早く直すためのO&Mは必要経費となります。トラブルをそのままにしておけば、収益の大幅減は火を見るよりも明らかですから。

そう考えるとO&Mの適正価格は、
「発電所の収益減少を防ぐための最低限の費用」と言い換えられます。

ならば安ければ安いほど良いのでしょうか?

お得

昨日書いたステーキを例に出してみましょう。ミキスケのステーキに多くのお客さんが並ぶのはなぜでしょうか?

とんでもなくうまいのにリーズナブルだからですよね。
どんなに安くても不味ければ並びません。

O&Mも同じです。
「うまいのにリーズナブル」が大事です。
単に安いだけというO&Mでは目的を果たせません

O&Mの目的、つまり、発電所の収益減少を防ぐことができないならば、どんなに安くても存在価値はゼロ

実効性のあるO&Mを行うには、専門的な知識を持った技術者が当たらなければ、なかなかうまく行きません。
そして専門的な技術者が動けば、やはりある程度のコストは掛かります。

当然、コストを下げる努力は常に続けなければいけませんが、コストを下げすぎて存在価値がないO&Mをするようになってしまっては本末転倒です。「安いけど不味い」は望まれていません。

やはり「うまいのにリーズナブル」が大事です。

でも、ステーキなら食べればうまいか不味いか、すぐに分かりますが、O&Mがうまいか不味いかの判断は、なかなか難しいのも事実。O&Mの何たるかが、まだ知られていないですからね。

つづく

2017/12/12 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

約700基以上の太陽光発電所のメンテナンスに取り組んできた エナジービジョン社が、よくある発電量低下の原因と、 発電事業者ができる対策を丁寧に解説いたしました。

これを読めば売電ロス低下を防ぐことができます。ぜひダウンロードし、売電収入アップにお役立てください。

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

下記のフォームより必須項目を入力のうえ送信すると、
ダウンロード案内のメールが送られます。
メールの案内に従ってダウンロードしてください。

※しつこいサービスの勧誘は一切いたしません。いつでも登録を解除できます。

Marketing by