太陽光発電O&Mブログ

どの点検機器を使えば良いのでしょうか?

太陽光発電所を点検するには、どのような点検機器を使えば良いのでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【太陽光発電のO&Mは、エナジービジョンが運営する全国対応『新エネルギーサポーター』にご相談ください。『新エネルギーサポーター』では、低コストでしっかりとしたオペレーションとメンテナンスをご提案します。】

発電所の点検機器の一つとして、先日、ソクラテスターをご紹介しました。
ソクラテスターは、太陽光パネルのマイクロクラックを簡易的に見つけるための機器ですが、他にもさまざまな点検機器があります。

例えば、サーモカメラもそのひとつ。サーモカメラとは、対象物の温度を目に見えるように撮影できるカメラです。太陽光パネルのホットスポットを見つけるために使います。

サーモカメラでホットスポットを見つける

サーモカメラでホットスポットを見つける

パネルのホットスポットに限らず、パワコンや集電箱、接続箱、キュービクルなどの異常発熱の発見にも使います。

電気が流れる部位で、なんらかトラブルが発生すると異常発熱することが多いので、いろいろと使い手がある機器です。

小型サーモカメラをドローンに積んで、空から一気に撮影する、という手法もあります。

ドローンで太陽光パネルのホットスポットを発見できる

ドローンで太陽光パネルのホットスポットを発見できる

ドローンを飛ばすコストが掛かりますので、小さな発電所には向きませんが、メガソーラークラスならば一気に撮影できるので、トータルコストの削減を図ることができます。

→つづく

2018/1/4 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

産業用太陽光発電所のトラブル・不安のご相談はお気軽に(無料)

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

約700基以上の太陽光発電所のメンテナンスに取り組んできた エナジービジョン社が、よくある発電量低下の原因と、 発電事業者ができる対策を丁寧に解説いたしました。

これを読めば売電ロス低下を防ぐことができます。ぜひダウンロードし、売電収入アップにお役立てください。

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

下記のフォームより必須項目を入力のうえ送信すると、
ダウンロード案内のメールが送られます。
メールの案内に従ってダウンロードしてください。

※しつこいサービスの勧誘は一切いたしません。いつでも登録を解除できます。

Marketing by