太陽光発電O&Mブログ

蜂の巣も…

昨日はアリ、でしたが、今日はハチです(笑)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【太陽光発電のO&Mは、エナジービジョンが運営する全国対応『新エネルギーサポーター』にご相談ください。『新エネルギーサポーター』では、低コストでしっかりとしたオペレーションとメンテナンスをご提案します。】

 

野立て太陽光発電所の場合、自然豊かなエリアに設置されることが多いので、動物や虫の影響を受けることも少なくありません。

昨日はアリの被害を紹介しましたが、今日はハチの巣です(汗)。

ハチが直接発電所に悪影響を与えることは考えにくいですが、点検の際などに作業員が刺されると大変です。

小さな巣なら自力で駆除できる、とも言われてますが、どうするべきか悩みますね(汗)。

489404

ちなみに、調べてみたところスズメバチやアシナガバチは越冬できないようです。女王蜂候補以外はすべて冬には死んでしまうとか。
女王蜂候補だけが越冬し、翌年の春に新しい巣を作り始めるそうです。

点検は冬にやるのが良さそうです(笑)。

 

2018/3/14 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

産業用太陽光発電所のメンテナンス・不安のご相談はお気軽に『新エネルギーサポーター』まで(無料)

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

約700基以上の太陽光発電所のメンテナンスに取り組んできた エナジービジョン社が、よくある発電量低下の原因と、 発電事業者ができる対策を丁寧に解説いたしました。

これを読めば売電ロス低下を防ぐことができます。ぜひダウンロードし、売電収入アップにお役立てください。

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

下記のフォームより必須項目を入力のうえ送信すると、
ダウンロード案内のメールが送られます。
メールの案内に従ってダウンロードしてください。

※しつこいサービスの勧誘は一切いたしません。いつでも登録を解除できます。

Marketing by