fbpx
太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電の利益を増やす5つの方法

太陽光発電事業を行っている皆様に、
利益を増やす5つの方法をお伝えします。

『利益を増やすと言ったって、
同じシステム容量で同じ売電単価なら利益は一緒でしょ?』

とんでもありません。
太陽光発電所はひとつずつ造りが違い、同じように見えても、
実際の売電金額には天と地ほどの違いがあります。

また、費用の掛け方もさまざま。

【 利益 = 売電金額 ー 費用 】です。
・売電金額を増やすこと
・費用を減らすこと
が、そのまま利益を増やすことになるのは誰でも分かりますね。

そして、
「売電金額を増やす」2つの方法と、
「費用を減らす」3つの方法があります。

「売電金額を増やす」2つの方法
1.売電ロスを減らす
2.そもそもの発電所の造りを精査する

「費用を減らす」3つの方法
3.メンテ費用を減らす
4.保険料を減らす
5.効率的に発電所の情報を管理・共有する

EV社ではこの利益を増やす5つの方法を使った、
「稼ぐ太陽光メンテ」 という、まったく新しいO&Mの販売を開始しました。

全部説明すると大変長くなってしまうので、かいつまんで説明します。

1.については、
EV社が調べた144の低圧発電所の内、6割以上で大きな売電ロスが発生していた、という事実があります。
そして発電事業者は売電ロスに気付かず損し続けています。
7/6に一般社団法人新エネルギーO&M協議会のセミナー でご説明します。どなたでも参加可)
損失の垂れ流しを止めること=売電ロスの削減=売電金額のアップです。

2.については、
そもそも設計・施工に難があり発電量が低い、という発電所が少なくありません。
そのような問題を抱えていると重大事故にもつながりかねません。
直せるものは直し、コスト的に直せないものは適正にリスクコントロールします。

3.については、
無理してメンテ費用を下げるのではなく、発想を転換することで圧倒的な効率化を図り、
その結果として大幅に費用を削減します。
遠隔監視のデータを詳細に解析・把握することがポイントです。

4.については、
一般社団法人新エネルギーO&M協議会による太陽光発電所専用の「設備補償制度」
を使うことで、一般の損害保険に比べて大きく保険料を下げられます。
しかも5年契約なので、保険料の値上げリスクを回避できます。

5.については、
発電所情報の管理・共有用クラウドシステム「PVトレーサビリティシステム」を開発、
活用することで事務コストを減らします。

ちなみに山梨県主催のO&Mセミナーでも私が講師として上記内容を説明しています。
動画が公開されてますので、よろしければご覧ください。
JEMAでも話したのですが 残念ながらこちらは公開されていません。
また新エネルギー新聞でも取り上げられています 。

多くの発電所で、今以上に利益を増やすことができる、と思っています。
まずは無料で「利益を増やせるか?」確認してみませんか。

「稼ぐ太陽光メンテ」のページからお問合せください、
ZOOMミーティングで詳細ご説明いたします。
(先着順で対応します。お申し込みが多い場合は少々お待ちいただきます)

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

約700基以上の太陽光発電所のメンテナンスに取り組んできた エナジービジョン社が、よくある発電量低下の原因と、 発電事業者ができる対策を丁寧に解説いたしました。

これを読めば売電ロス低下を防ぐことができます。

さらにメールマガジンでは25万円の売電ロスを発見した手法や、メンテナンス費用を削減する方法、ご自分でメンテナンスする方法についても余すことなくお伝えしています。

ぜひ資料をダウンロード・メルマガ購読し、売電収入アップにお役立てください。

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

下記のフォームより必須項目を入力のうえ送信すると、
ダウンロード案内のメールが送られます。
メールの案内に従ってダウンロードしてください。

※しつこいサービスの勧誘は一切いたしません。いつでも登録を解除できます。

Marketing by