太陽光発電O&Mブログ

太陽電池モジュールのガラス割れ

国産メーカーの太陽電池モジュール。
車庫の屋根に設置して一年半経過したある日、“たまたま”発見したモジュールの破損。一体何が原因でこのようなことが起きたのでしょうか?

ガラス割れ(ひび割れ)しているソーラーパネル

※職人革命会会員 スマイルあわじ提供
   http://smile-awaji.com/

遠目からでもはっきりと確認できる不具合

太陽光発電システムの不具合には、目には見えない事例が多いですが、目視でもハッキリと確認できるものもあります。

表面は大きなひび割れ、バックシートには焦げが。

1枚のモジュールの2箇所には大きなひび割れが入り、裏から見てみると、バックシートが焦げていました。

モジュールのガラスが割れる理由として「カラスが上空から小石を落として遊ぶ」といった、イタズラによる被害例を多く耳にしますが、今回もカラスが原因でしょうか…

状況を整理すると、以下の通り。
1.ガラスが割れている
2.ホットスポット(異常発熱)で焦げている
3.屋根傾斜角度は8度
4.付近を調査したが小石などは落ちていない

このような症状がみられる場合、以下のいずれかのパターンに当てはまります。
ガラスが割れた ⇒ ホットスポットが発生
ホットスポットが発生 ⇒ ガラスが割れた

3、4から推測するに、今回の事例は、ホットスポットの発生が先ではないかと推測されます。
元々インターコネクタのハンダ付けが甘く、ハンダ剥離からホットスポットが発生、その結果、熱膨張を受けてガラスが割れてしまったというパターンです。

ガラスの一部に明らかな打痕がある場合は前者と考えられますが、明確な打痕がない、打撃を与えた物(小石等)が付近に見当たらない時には、ホットスポット要因の可能性が高くなります。

ホットスポットは火災にも繋がりかねません。そのリスクを最小にするためにも、定期的な点検を実施し、できるだけ早いタイミングで不具合を発見することが大切です。
専用のメンテナンス機器『ソコデス』を使っていれば、ホットスポットが悪化してガラスが割れる前に不具合を発見できたことでしょう。

●太陽光発電事業者様 必聴セミナー『太陽光発電O&M講座』6月16日 東京開催●

★今後のトラブル事例の最新情報はこちら★

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

約700基以上の太陽光発電所のメンテナンスに取り組んできた エナジービジョン社が、よくある発電量低下の原因と、 発電事業者ができる対策を丁寧に解説いたしました。

これを読めば売電ロス低下を防ぐことができます。ぜひダウンロードし、売電収入アップにお役立てください。

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

下記のフォームより必須項目を入力のうえ送信すると、
ダウンロード案内のメールが送られます。
メールの案内に従ってダウンロードしてください。

※しつこいサービスの勧誘は一切いたしません。いつでも登録を解除できます。

Marketing by