太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電O&Mのメリット・デメリット 4

太陽光発電所のO&Mを考える上で、メリット・デメリットを考察します。

パワコン、接続箱、集電箱なども、異常発熱から火災を招くことがあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【太陽光発電のO&Mは、エナジービジョンが運営する全国対応『新エネルギーサポーター』にご相談ください。『新エネルギーサポーター』では、低コストでしっかりとしたオペレーションとメンテナンスをご提案します。】

昨日のブログはこちら

O&Mのメリットとして、
『太陽光発電所の安全性を確保できる』という点を分解して説明します。
設計・施工ミスがない場合でも、経年劣化や外部要因により、以下のような安全性の問題が発生します。

A. パネル故障が原因の火災
B. パワコン、接続箱、集電箱からの火災
C. ボルトの緩みによる架台、パネルの飛散
D. サビによる強度低下による倒壊
E. 漏電による感電

A. については昨日のブログをご覧ください。

B. については、太陽光パネルのホットスポットと似たような感じですが、
やはり「電気が流れにくい場所に無理に流すことで電気が熱になる」現象で異常発熱して火災になります。

898919

電気が流れにくくなる原因として、落雷による基盤の劣化配線の接続部分の緩みやサビ、その他機器故障などさまざまあります。

太陽光発電所は物理的な稼働部分がほぼないので故障しない、と考えている方も多いのですが、発電している時には数百ボルト以上の電気が流れています
目には見えませんが実際には猛烈に稼働している、と思ってください。

定期的にサーモカメラで温度を把握しておけば、異常発熱を発見でき火災になる前に対策を打てます

火災になってから直せば数十万円、下手すれば100万円以上掛かりますが、その手前で改修できればそれよりも大幅に安く済ませられます

→つづく

2018/1/18 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

産業用太陽光発電所のメンテナンス・不安のご相談はお気軽に『新エネルギーサポーター』まで(無料)

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

約700基以上の太陽光発電所のメンテナンスに取り組んできた エナジービジョン社が、よくある発電量低下の原因と、 発電事業者ができる対策を丁寧に解説いたしました。

これを読めば売電ロス低下を防ぐことができます。ぜひダウンロードし、売電収入アップにお役立てください。

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

下記のフォームより必須項目を入力のうえ送信すると、
ダウンロード案内のメールが送られます。
メールの案内に従ってダウンロードしてください。

※しつこいサービスの勧誘は一切いたしません。いつでも登録を解除できます。

Marketing by