太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電O&Mのメリット・デメリット 5

太陽光発電所のO&Mを考える上で、メリット・デメリットを考察します。

風による振動でボルトが緩み、パネルが飛散する事例が発生しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【太陽光発電のO&Mは、エナジービジョンが運営する全国対応『新エネルギーサポーター』にご相談ください。『新エネルギーサポーター』では、低コストでしっかりとしたオペレーションとメンテナンスをご提案します。】

昨日のブログはこちら

O&Mの大枠でのメリットとして、下の1.2.3.があります。

1.太陽光発電所の設計・施工に問題がないか確認できる
2.太陽光発電所の安全性を確保できる
3.太陽光発電所の売電利益の損失を最小限にできる

1.についてはこちらのブログをご覧ください。

2.について、
設計・施工ミスがない場合でも経年劣化や外部要因により発生する、安全性の問題としては次のようなことがあります。

A. パネル故障が原因の火災
B. パワコン、接続箱、集電箱からの火災
C. ボルトの緩みによる架台、パネルの飛散
D. サビによる強度低下による倒壊
E. 漏電による感電

A.についてはこちらのブログを、B.についてはこちらをご覧ください。

今日はC.についてご説明します。

ボルトの緩みは架台やパネル飛散に直結する

ボルトの緩みは架台やパネル飛散に直結する

ボルトの緩みは適正なトルク管理をしていれば、それほど短期間には起こらない、と思われていましたが、風による振動が予想以上に影響する、という事が分かってきました。

架台の強度や風の強さにより一概に何年で緩む、とは言えませんが、適正に施工したにも関わらず2、3年程度でボルトが緩んでパネルが飛んでしまった、という事例が出始めています。

ボルトの緩みに関しては、遠隔監視システムではまったく把握できませんから、現場での目視点検だけが頼りになります。
その際に緩みを発見しやすくするために、施工時のボルトのマーキングが推奨されています。
こちらのブログもご参照ください)

パネルが飛んでも発電所の中だけで済めば、まだ被害は浅い方です。
外部に飛び出して近隣の建物を破損したり、万一、人身事故にでもなってしまったら取り返しがつきません。

そのような最悪の事態を避けるためにも、定期的なボルトの緩み確認は、ぜひともやるべきこと、と思いませんか?

→つづく

2018/1/19 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

産業用太陽光発電所のメンテナンス・不安のご相談はお気軽に『新エネルギーサポーター』まで(無料)

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

約700基以上の太陽光発電所のメンテナンスに取り組んできた エナジービジョン社が、よくある発電量低下の原因と、 発電事業者ができる対策を丁寧に解説いたしました。

これを読めば売電ロス低下を防ぐことができます。ぜひダウンロードし、売電収入アップにお役立てください。

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

下記のフォームより必須項目を入力のうえ送信すると、
ダウンロード案内のメールが送られます。
メールの案内に従ってダウンロードしてください。

※しつこいサービスの勧誘は一切いたしません。いつでも登録を解除できます。

Marketing by