fbpx
太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電の雑草対策 費用や失敗しない除草方法を解説

雑草対策
発電事業者
  • 太陽光発電に雑草対策は必要なんだろうか
  • 太陽光発電の除草はどの手法がいいんだろう
  • 草刈りや除草剤にかかる費用が知りたい

こんな疑問をお持ちではないでしょうか。

雑草は野立て太陽光発電所の発電量を大きく低下させる一番の原因と言えます。※1

雑草はパネル上に影を落とし、場合によってはホットスポット発生によるパネル故障を引き起こし、ひどくなると火災まで引き起こしかねません。

太陽光発電においてしっかり雑草対策をすることは最重要事項です。

しかし、発電所の状況に応じて適した雑草対策は異なるため、どの除草方法がいいか悩みますよね。

この記事では累計3,000件以上の太陽光発電のメンテナンス実績を踏まえて、太陽光発電の雑草対策についてご自分で行える対策も含めて丁寧に解説します。

この記事を読めばご自分の発電所に適した雑草対策を行うことができるようになります。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

※1 当社調べ

本記事内で紹介する費用等は、消費税別の概算金額となります。

目次

太陽光発電に雑草対策が必要な理由

野立ての太陽光発電において、雑草対策は必要不可欠です。

「雑草対策をしなくても、多少生えてる程度であれば問題ないのでは。」

「できる限り負担を減らしたいから、雑草対策を抜いてしまおう。」

と思って雑草対策を怠ると、逆に損失の方が大きくなってしまいます。

以下、雑草対策が必要な理由を解説していきますね。

雑草の影による発電量の低下を防ぐ

雑草が生い茂ることで太陽電池モジュール(太陽光パネル)に影がかかり、発電量低下を引き起こす原因になります。

太陽電池モジュールはごく一部に影がかかるだけでも、構造的にモジュールの1/3が発電しなくなることがあります。

投資用で運用している太陽光発電では、発電量の低下はそのまま収益の低下に直結します。

雑草の影が掛かるだけで、年間30万円もの損失(低圧発電所1区画の場合)が発生しているケースも。

雑草をなくすことで正常な発電量を維持し、収入を向上できます。

改正FIT法を遵守し、認定取り消しを防ぐ

2017年の改正FIT法でメンテナンスが義務化され、適切な設備運用がされていない場合、FIT認定が取り消されることになりました。

資源エネルギー庁の「事業計画策定ガイドライン」でも、「第3節 運用・管理 4.周辺環境への配慮」において、「雑草の繁茂等による周辺環境への影響がないように管理するように努めること。」と記載されています。

このように雑草が伸び放題になっていることで適切なメンテナンスがされていないとみなされ、認定が取り消され売電ができなくなる恐れがあります。

雑草の影によるホットスポットを防ぐ

雑草の影によりホットスポットが生じる危険性が高まります。

影のかかった部分の太陽電池モジュールは電気抵抗が高くなります。

電気抵抗が高くなった部位に無理に電気を通そうとすると発熱を引き起こし、発熱した状態が続くと「ホットスポット」となり、それが長期間続くことで故障の原因となるんですね。

雑草が原因のホットスポットで故障した場合、パネルメーカーの保証対象外となり自己負担での修理となりかねません。

できる限りホットスポットは起こさないことが大事です。

雑草の内部侵入による故障・不具合の発生を防ぐ

雑草が伸びることで、排熱用ファンがあるパワーコンディショナーでは、通気孔から内部に雑草が侵入してしまうことがあります。

雑草が内部に侵入すると、ショートして火災が発生したり故障の原因となってしまいます。

火災の発生は発電所だけでなく、周辺の施設などに燃え移り被害が広がる可能性もあり危険です。

雑草によっては2m以上の高さに伸びるものがあり、つる性のものであれば架台を伝ってパワーコンディショナーに到達したり、パネルの上に繁茂してしまうことも。

取り返しがつかない事態になる前に、パワーコンディショナーの内部に雑草が入らないよう適切な雑草対策が不可欠です。

枯れ草がかかると火災の原因ともなる

雑草による景観悪化・近隣住民からの苦情を防ぐ

雑草を放置することで景観悪化を招き、近隣住民から苦情が入ってしまうこともあります。

  • 発電所の草が道路にはみ出し歩行や運転の妨げになる
  • 「人が立ち入っていない」とみなされゴミを不法投棄される
  • 伸びた雑草の衣服に付着する種や綿毛などによる迷惑

等によってクレームが寄せられるケースが見受けられます。

太陽光発電は長期事業となるため、近隣住民とは良好な関係を築き持続させたいもの。

近隣住民との関係性を良好に保つためにも、雑草対策は欠かせません。

ネズミ・ヘビの住処となりケーブル断裂を防ぐ

雑草が伸び膝丈くらいの高さになると、ネズミやヘビが住み着くこともあります。

設備のケーブル・配線がネズミに噛まれて損傷してしまう場合があり、ケーブルが傷つくと漏電や火災の原因となります。

また雑草の茂みはヘビが好む環境のため住み着いてしまうことも。

有毒なマムシ・ヤマカガシが住み着いてしまうと、噛まれた場合は重症となる危険性があります。

さらに雑草が繁茂することで、アシナガバチやスズメバチなどが巣を作りやすくなり大変危険です。

漏電から火災発生を防ぐ

雑草が生い茂っていると、万が一漏電やアーク放電が発生した場合に引火し、火災が発生してしまう危険性があります。

特に枯れ草となった雑草は燃えやすく、危険性がさらに高まるので要注意。

伸び放題になっていることにより、火災が敷地外まで広がり近隣の住宅・施設にまで燃え移ってしまう心配も高まります。

発電所は基より、発電所外への甚大な被害は絶対に避けるべきでしょう。

雑草対策の種類と各対策の特徴

そうは言っても発電事業者としてはできる限り負担する費用も避けたいもの。

そこで各雑草対策の種類とかかる費用について解説していきます。

各雑草対策の特徴と種類、費用、向いてる発電所の比較表

雑草対策は、「人的防除」、「機械的防除」、「化学的防除」、「生物的防除」、「物理的防除」の5つに分類されます。

各5つの分類が具体的にどのような雑草対策になるかというと、以下の通りです。

人的防除手による抜き取り、鎌等による手刈り
機械的防除草刈り機を使用しての草刈り
化学的防除除草剤の散布
生物的防除クラピアなどの被覆植物(グランドカバープランツ)により地面を覆い雑草を生えなくさせる
物理的防除防草シート、砕石敷き、コンクリート塗装など

人的防除は面積が広い発電所では現実的ではないため、その他4つの分類について取り上げます。

以下からは、それぞれの雑草対策の費用、気をつけるポイント、向いている発電所の条件を解説していきます。

注意

以下から紹介する各除草方法の費用はすべて一例としての紹介です。実際は各企業のサービス・プランにより変わります。

草刈り(機械的防除)

機械を用いた草刈りは雑草対策で最も一般的な手法です。

草刈りの費用・頻度・メリット・デメリット

費用50円〜/㎡、年間10万円前後~
※野立ての発電所では刈り倒したままにするのが一般的。刈った草を集めて廃棄まで行うと産業廃棄物となり高額な費用が掛かるため。
頻度年2〜4回の作業が必要
メリット・委託先次第だが、他の手法より安価にできる場合がある
・小規模な太陽光発電所であれば自分でもできる
・発電所の見た目が自然
デメリット・毎年定期的に行う必要がある
・委託先や頻度により大幅に価格が変わる
・配線の切断の危険性がある
・飛び石によるパネル破損の危険性がある
・慣れていないと大けがをする危険性がある

50kW未満の700㎡の低圧発電所の場合で草刈りにかかる費用を計算すると、

1年の費用:700㎡ x 100円 x 2回 = 140,000円
20年間の費用:140,000 x 20 = 2,800,000円

かかる計算になります。

自分で草刈りをする際に気をつけるポイント

草刈りでの除草作業では以下の点に注意が必要です。

  • 刈払い機で大怪我をしてしまう
  • 草刈りによる飛び石で太陽電池モジュールが割れてしまう
  • ケーブルを切断してしまう
  • 架台を傷つけてしまう

上記の点に気をつけて行いましょう。

特に、よほど慣れた方でない限り回転刃(ブレード)ではなくナイロンカッターの使用がおすすめです。

回転刃
回転刃
(画像公開保留中)

ナイロンカッター

回転刃の場合、まずは事故による怪我を十分に注意しましょう。

また飛び石が発生しやすく、モジュール・架台の損傷を引き起こす危険もあります。

業者に草刈りを依頼する際に気をつけるポイント

業者に依頼する際も太陽光発電所の草刈りに不慣れな場合、飛び石によるパネル損傷やケーブル切断を引き起こしてしまうことがあります。

依頼する際は太陽光発電での作業実績があるか確認することをおすすめします。

草刈り向きの太陽光発電所

自分で行うにしても労力がかかり、業者に依頼するにしても年間2〜4回必要で20年トータルでは割高になりがちなため、基本的には他の手法が適さない発電所で検討します。

刈りやすさによってコストが変動します。

  • 配線を地中に埋設しているか
  • 地表に転がしているか
  • パネル間の通路の広さやフェンスとの距離
  • 草刈りの頻度

上記のような点でコストが変動することに注意しましょう。

除草剤(化学的防除)

除草剤を散布し草を生えなくすることによる雑草対策です。

除草剤には農薬取締法に基づき「農薬」登録されたものと未登録のものがあります。

厳しい検査に合格した「農薬」は、その効力、安全性、毒性、残留性などが確認されています。

農林水産省に登録され登録番号が付与された「農薬」を使用することをお勧めします。

除草剤の費用・頻度・メリット・デメリット

費用60円〜/㎡、年間8万円程度
頻度年2回の散布作業
メリット・1回あたりのコストは安い
・小規模な太陽光発電所であれば自分でもできる
・散粒機の使用で容易に作業を行える
・草を生やさない効果が持続する
デメリット・効果は長くて半年程度、年に2回継続して散布が望ましい
・散布時期を間違えると効果が低い
・近隣に農地や用水路がある場合は使用しない方がよい

50kW未満の700㎡の低圧発電所の場合で計算すると、

1年の費用:700㎡ x 60円 x 2回 = 84,000円
20年間の費用:84,000 x 20 = 1,680,0000円

かかる計算になります。

注意

長期間除草剤を使い続けると、雑草が除草剤への耐性を持ち、効果が低下することがあります。

除草剤散布を自分で行う場合

生えている雑草を処理するために散布する茎葉処理剤タイプ、雑草が生えてくるのを防ぐ土壌処理剤タイプの2つのタイプがあります。

茎刃処理型茎葉処理剤は、雑草の葉・茎にかけることで効果が現れる除草剤です。すでに伸びている葉・茎から吸収させます。
これから生えてくる雑草には効果がありません。
土壌処理型土壌処理型は土壌表面に処理層を作り、新たに生育する雑草の根から薬剤を吸収させて枯らします。
大きく成長した雑草には効果が薄くなります。

自分で除草剤を散布する際に気をつけるポイント

茎葉処理型と土壌処理型の2タイプそれぞれについて解説します。

茎葉処理型の除草剤の散布で気をつけること

以下、茎葉処理型の除草剤を散布する時に気をつけるポイントをまとめていますので参考にしてください。

  • 100cm以下の草に効果的
  • 茎葉から吸収されるため、しっかり茎葉に付く用に散布する
  • 噴霧器の使用が必須
  • 晴れの日で散布後1〜2日は雨が降らない予報の日がおすすめ
  • 風が強いと薬剤が発電所敷地外に飛散し、近隣の植物を枯らすことがあるため要注意
  • 散布直後に歩き回ると薬剤が落ち効果にムラが出ることあり。散布直後はできる限り立ち入らない
  • 薄めて使う希釈剤とそのまま使うタイプの2種類があるため使用方法を間違えない
  • 希釈量は雑草の種類によって違うため、説明書に書いてある量を遵守すること
  • 肌が露出しない格好で、吸い込まないように農薬用の防塵マスクを着用すること
  • 希釈剤の場合、大量の水が必要になるため、どこで水を汲み、どう運ぶかの検討が必要

おすすめの茎葉処理型の除草剤

以下おすすめの茎葉処理型の除草剤を紹介します。

クサトローゼ液剤(農林水産省登録 第21203号)
クサトローゼ錠剤
Amazonより引用

クサトローゼ液剤は以下のような特徴があります。

  • 希釈して散布する
  • 茎葉から吸収され根部へ移行し効果を発揮する
  • 1年生から多年生雑草まで枯らす
  • 7日~14日ぐらいで枯れ始める
  • 土壌中では速やかにアミノ酸に分解され、土壌に残留しない

土壌処理型の散布で気をつけること土壌処理

以下、土壌処理型の除草剤を散布する時に気をつけるポイントをまとめていますので参考にしてください。

  • 草丈が大きい草には効果がないため、草刈り後や茎葉処理剤で枯らした後に土壌処理型を散布する
  • 草が生え始めの春先などタイミングを見て散布すると効果的
  • 傾斜地では使用しないこと
  • 雨の日の翌日など適度に地面が湿っていると効果が出やすい
  • 撒きムラがあると雑草が伸びてしまう場所ができるので均一に散布する
  • 散粒機を使用すると簡単均一に散布できる

おすすめの土壌処理型の除草剤

バックアップ粒剤(農林水産省登録 第19296号)

バックアップ錠剤
(株)エス・ディー・エス バイオテックから引用

バックアップ粒剤には以下の特徴があります。

  • 雑草の生育初期に散布することで枯らし、その後生やさない効果が持続
  • 効果は約4~6ヶ月持続する
  • 1年生雑草から多年生雑草まで効果を発揮
  • 散布回数は年2回以内

業者に除草剤散布を依頼する際に気をつけるポイント

「草刈り後に無料で除草剤を散布する」という業者が、土壌処理型ではなく茎葉処理型の除草剤を散布している場合があります。

茎葉処理剤は効果が長続きしないため、草刈り後は土壌処理型の除草剤を散布してもらった方が良いでしょう。

また農地が近くにないか等は発電事業者が確認すべきではありますが、業者にも近隣の環境に配慮して散布してもらうようお願いするのも重要です。

除草剤向きの太陽光発電所

除草剤は農地や自然環境に悪影響を及ぼさない場所での使用が原則です。

周囲に農地や川などがなく、環境への悪影響が少ない場所は向いていると言えます。

また、土壌処理剤を散粒機で散布するのはとても簡単なので、発電事業者が自分で行うのに向いています。

防草シート(物理的防除)

防草シートは、日光を遮ることにより草が生えることを防ぎます。

防草シートは様々な種類があり、安いものだと草がシートを突き破ったり、2~3年で破れてしまったりするので注意が必要です。

適切なシートを選べば、長い目で見ると最も費用対効果に優れた対策です。

防草シートの費用・交換頻度・メリット・デメリット

費用800円〜/㎡
※使用する製品によって大きく異なる
交換頻度シートにより異なる
7〜13年(ザバーン240Gの場合)
20年(ウィードシールドの場合、10年保証+補修しながら使用)
メリット・一度敷設してしまえばその後の管理が大幅に楽になる
・耐用年数が長いものならばコストパフォーマンスに優れる
デメリット・初期費用が他の方法より高い
・敷き方に問題があると隙間から雑草が生える
・安物を選ぶとすぐに破れたり穴が空いたりする

また防草シートの種類は大まかに3種類あります。

織布(50円~200円/㎡)・よく見かける一般的なシート。農地周りや広い敷地をある程度防草する際に用いられる
・イネ科の強い雑草は容易に突き抜ける
・安価だが耐用年数が短く、太陽光発電には不向き
不織布(200円~500円/㎡)・耐用年数の短い砕石敷き用から表面加工などで耐久性を上げたむき出し用まで様々
・高密度の場合、イネ科の強い雑草も抑えられる。
不織布2層構造(500円/㎡~)・防草効果のある高密度不織布を紫外線劣化から守る(耐用年数を延ばす)ため、柔不織布を表面に施した2層構造
・最も耐用年数が長く、補修しながら使えば20年間の使用も見込める

50kW未満の700㎡の低圧発電所の場合で草刈りにかかる費用を計算すると以下の通りです。

防草シートのみの費用:700㎡ x 800円 = 560,000円
敷設を外注する場合は、1㎡600円程度
700㎡ × 600円 = 420,000円

材料と施工の合計で980,000円、10年保証料が約10万円、その後の補修費が約40万円とすると、20年合計で1,480,000円かかる計算になります。

自分で防草シートを敷く際に気をつけるポイント

以下自分で防草シートを敷く時の気をつけるポイントです。

  • 敷く前に草を刈り取っておく
  • 草木の切り株が残らないようきれいに除去しておく
  • 地面の凹凸が激しい時は平らにになるように整地する
  • シートにしわが入らないようにきれいに敷く
  • 10cm程度防草シート同士の重なり作って敷く
  • 留めピンの数や長さ、間隔、防草シート同士の重ね方、杭周りのテープの貼り方などメーカー指定通りに作業する

おすすめの防草シート

おすすめの防草シートは、白崎コーポレーションのウィードシールドです。

ウィードシールド
ウィードシールド
(株)白崎コーポレーションより引用

ウィードシールドは太陽光発電に特化して開発されており、二層構造で強壮雑草を完全抑止するのが特徴。

表面がポリエステル柔不織布で加工されており、紫外線から守るため上に砕石を巻く必要もありません。

詳細はこちらからご確認ください。

防草シートの上に砕石を巻くとより長期で利用できる

これから太陽光発電を新設される方であれば、防草シートの上に砕石を巻くことで紫外線や風雨が直接当たることを防ぐことで、防草シートをより長く利用できます。

予算に余裕がある場合は検討するのもいいでしょう。

業者に防草シート敷設を依頼する際に気をつけるポイント

防草シートの敷設の実績がある業者であれば、上記で説明したような気をつけるポイントを押さえて敷設してもらえるでしょう。

確認すべき点としては、ピンを挿して防草シートを固定するため地盤が硬すぎたり柔らかすぎたりしないか、が重要です。

防草シート向きの太陽光発電所

しっかりした防草シートを使い、適切な敷き方をすれば長期的に最もコストパフォーマンスがいいのが防草シート。

敷いた後の管理が楽なのも嬉しい点ですね。

ただ初期投資にお金がかかるため、初期費用を負担できるのであればおすすめとなります。

メーカーによってはリースや分割払いに対応しているところもあり、金利分割高にはなりますが、初期費用を軽減でき導入しやすくなります。

被覆植物・グランドカバープランツ(生物的防除)

被覆植物・グランドカバープランツによる除草は、地面を草丈が低い植物で覆い雑草より優位に立たせることで、他の雑草が生えてくるのを防ぐ手法です。

クラピアやクローバーなどを植生してカバーしますが、それら植物のきめ細かな管理が必要となるため、太陽光発電所の雑草対策としてはお勧めしません。

ただし、クラピア等の管理も趣味として楽しめる方は挑戦してみてください。

被覆植物・グランドカバープランツの費用・手入れの頻度・メリット・デメリット

費用2,000円〜/㎡
手入れの頻度地面を覆うまでは週に2〜3回水やり
その後時期に応じて2ヶ月に1度程度の頻度で手入れが必要
メリット・景観保持や土壌保護等の効果もある
・地表温度を下げることで発電効率が下がらない
※太陽電池モジュールは温度が上昇し過ぎると発電効率が下がるため
・見た目がいい
デメリット・発芽から定着まで水管理に注意が必要
・地表全面を被覆植物を覆うまで雑草対策をする必要がある
・土壌や環境によっては育ちにくい場所がある
・植物のため病気・枯れ・害虫対策の手入れが必要

50kW未満の700㎡の低圧発電所の場合で草刈りにかかる費用を計算すると、

1年の費用:700 x 2,000円 = 1,400,000円
20年間の費用(半分程度植え替える想定):1,400,000 x 1.5 = 2,100,000円

かかる計算になります。

グランドカバープランツは最初に根付くまでの手入れが大変な手間ですし、その後も継続的に管理する必要があります。

O&M事業者に外注した場合、費用が掛かり過ぎますので、発電所が近場にあり植物の手入れ自体も趣味として楽しめる発電事業者以外には向いていません。

ヒツジ・ヤギ等の動物による除草(動物的防除)

ヒツジ・ヤギ等の家畜を飼い、雑草を食べてもらうことで除草をします。

動物であるため、水やりや雑草だけでは餌が足りない時の給餌など、世話をする手間が大きくかかります。

それだけの手間を掛けるなら、他の雑草対策を検討した方が良いでしょう。

ただし、ヒツギ・ヤギを飼うことに興味があるならば挑戦してみてください。

ヒツジ・ヤギ等の動物による除草の費用・メリット・デメリット

費用50,000円/頭
その他:小屋・飼育箱・水場、資料・柵の設置費用など
世話の頻度毎日
メリット・話題作り
・地域の人との交流が生まれやすい
デメリット・コストがかかる
・世話をする必要がある
・動物のエサにならない雑草は別途対策する必要がある

動物なので定期的な世話が必要になり、遠隔地にある野立ての太陽光発電所等では現実的ではありません。

住居のそばに太陽光発電所があり、動物の面倒を見れる方、動物好きな方、雑草対策の費用対効果を重視しない方であれば検討してもよいでしょう。

砂石(物理的防除)

石を敷き詰めることで雑草の生育を妨げる手法です。

完成済みの発電所に後から施工することは困難です。これから発電所を新設される方は検討してもいいでしょう。

砂石を敷く費用・メリット・デメリット

費用1500円〜/㎡
手入れの頻度半年に1回程度。経過と共に土と混じるため
メリット・草が生えてきても抜き取りやすい(防草シートを下に敷いている場合)
・架台や現場形状に左右されず施工が楽
デメリット・隙間から草が生えてくるため他の雑草対策との併用が必要になる(防草シートを敷かない場合)
・草刈り機を使用する場合は石の飛散によるパネル損傷に十分気をつける必要があり、草刈り機が使いにくい
・発電所を閉所することになった時に撤去費用がかかる
・地面が高温になることで発電効率が悪化し損失が発生する

砕石のみでは雑草対策効果は低く、隙間から雑草が生えてきてしまいます。

防草シートの上に敷くなどをした方が効果が高まります。

コンクリート・アスファルト(物理的防除)

地面をコンクリート・アスファルトで覆って雑草を生やさない手法です。

完成済みの発電所に後から施工することは不可能です。

効果は高いものの、費用が最も高額になります。

コンクリート・アスファルトでの対策にかかる費用・メリット・デメリット

費用5,000円〜/㎡
頻度初期施工後は手入れ不要
メリット・防草効果が最も高く、効果期間も長い
・維持管理コストがほとんど不要
デメリット・初期費用と撤去時の費用が高い
・排水を考慮して施工する必要がある
・地面が高温になり、発電効率が悪くなり損失が出やすい

費用が高額な対策になるため、よほどの理由がない限り別の方法の方がおすすめです。

架台の背を高くする

雑草が伸びるよりも高い架台にする方法もありますが、雑草によっては2mを超える高さにまで伸びるものもあります。

例えば全国に分布しているセイタカアワダチソウは優に2.5m、よく育つ環境だと4mを超える高さまで伸びます。

また架台を高くすることにより、架台自体の値段も上がってしまいます。

あまりに架台が高いと雑草対策以外のメンテナンス性が悪くなるため、ソーラーシェアリング(農営型太陽光発電)でない限り架台の背を高くする雑草対策は現実的ではありません。

雑草対策の選び方・組み合わせの具体例

20年間を見越した雑草対策として考えると、耐久性の高い防草シートをしっかり施工する、ことが一番のお勧めです。

おすすめな防草シートは、前章で紹介した白崎コーポレーションのウィードシールドです。

マニュアルに書かれている通りに敷くことが前提ですが、一度敷設すると20年間は敷き直す必要がなく雑草対策に気を配る必要がなくなります。

ただし、諸事情により他の手法も検討する必要がある場合は、次のプランもおすすめです。

  1. 春に土壌処理剤を散布し生やさないことを目指す
  2. 草の種類によっては土壌処理剤が効きにくいものもあるので、その際は、草刈りも併用する
  3. 夏に2回目の土壌処理剤を散布し生やさない状態をキープする
  4. 除草剤を使えない場所は、定期的な草刈りを実施する

検討の順序は、防草シートを最優先とし、次に土壌処理型の除草剤、最後に草刈りとなります。

雑草対策の失敗例

以下から各雑草対策でよくある失敗例を紹介します。

防草シートでの失敗例

まずは防草シートでの失敗例を準備時、シート敷設時、敷設後に分けて解説します。
原因と対策を紹介しますので、ご自身で防草シートを敷設する際は参考にしてください。

事象原因対策
破れる 低品質な防草シートを選定 高品質なものを選ぶ
紫外線による劣化 耐候性に優れたものを選ぶ
剥がれる 施工ミス 施工マニュアルを遵守して施工する
ピンの選定ミス 正しい長さのピンを選定する
シートの重ねしろが少ない 適切な重ねしろを確保する
地面の凸凹が激しい 事前に凸凹をならす
雑草が突き抜ける 低品質な防草シートを選定 高品質なものを選ぶ
隙間から雑草が生える 施工ミス 施工マニュアルを遵守して施工する
隙間用テープの不良施工 隙間用テープを確実に貼る
事前の除草不良 敷設前にしっかり草刈りをする

草刈りによる失敗

誤ってケーブルを切断してしまう

事前にケーブルの位置を確認し、ケーブル周りは機械での草刈りはせず、鎌を用いて人の手で刈りましょう。

石が飛んでパネルを割ってしまう

草刈り機を地面に当てると石が飛ぶ原因になります。地面の少し上を撫でるように刈るようにしましょう。

飛んできた石で怪我をする・熱中症になる

石跳ねや、硬いものにブレードをぶつけた跳ね返りで大怪我をすることがあります。

慣れていない場合は、一人での草刈りは避けましょう。

また暑い日に行うと熱中症の危険性もあります。

水分・塩分を小まめに取り、無理せずしっかり休憩を取るようにしましょう。

除草剤による失敗

土壌処理型と茎葉処理型の違いを知らず除草剤を散布する

すでに生えている雑草に大して、土壌処理型の除草剤を散布しても効果はありません。

発電所の用地に適した除草剤を使用することが大事です。

液剤の希釈量を誤る

希釈型の除草剤の場合、商品ラベルに希釈量について説明が書いてあります。

希釈量は植物の種類によっても変える必要がある場合も多いです。

費用を削減するためにラベルの説明する量より薄い希釈で使用しても、効果が薄く再度散布しなくてはならなくなり、二度手間になってしまいます。

ラベルの希釈量を守って散布するようにしましょう。

散布量を誤る

土壌処理型の粒剤も、適正な散布量が商品ラベルに記載されています。

薬剤のコストを下げるために、使用量を減らしてしまう場合がありますが、当然効果も下がり雑草を抑制できなくなる可能性があります。

適正な散布量を守りましょう。

散布にムラが出る

除草剤の散布にムラがあると、よくかかっていないところから雑草が生えてしまいます。

ムラなく散布するには、噴霧器・散粒機の使用がおすすめ。

液体タイプの茎葉処理型では噴霧器を使うことで、ムラなく散布できます。

除草剤散布用ではないジョウロなどを使用すると、ムラができてしまうためおすすめできません。

また土壌処理型では散粒機を使用するとムラなく撒けます。

手撒きではどうしても均一に散布するのに無理があります。

低圧発電所なら安価な電池式の散粒機でも十分役に立つのでおすすめです。

太陽光発電事業の維持に雑草対策が欠かせない

以上のように太陽光発電事業において、雑草対策は重要です。

また発電所の規模、近隣の環境、土地によっても適した雑草対策は異なります。

野立ての太陽光発電の多くは投資用として購入している方も多く、費用対効果を見つつ適切な雑草対策をすることで、発電量を維持し収益を高めることになります。

エナジービジョンでは、3000件を超えるメンテナンス経験を基に適した雑草対策についてアドバイスを行っています。

また優良な草刈り・除草剤散布・防草シートの企業の紹介もしています。

ぜひ無料相談でお気軽にご相談ください。

太陽光発電の発電量低下の原因一覧
太陽光発電の発電量低下の原因一覧

約700基以上の太陽光発電所のメンテナンスに取り組んできた エナジービジョン社が、よくある発電量低下の原因と、 発電事業者ができる対策を丁寧に解説いたしました。

これを読めば売電ロス低下を防ぐことができます。

さらにメールマガジンでは25万円の売電ロスを発見した手法や、メンテナンス費用を削減する方法、ご自分でメンテナンスする方法についても余すことなくお伝えしています。

ぜひ資料をダウンロード・メルマガ購読し、売電収入アップにお役立てください。

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

下記のフォームより必須項目を入力のうえ送信すると、
ダウンロード案内のメールが送られます。
メールの案内に従ってダウンロードしてください。

必須

※しつこいサービスの勧誘は一切いたしません。いつでも登録を解除できます。

当社は、業務に従事するすべての者が個人情報保護の重要性を認識し、個人情報保護に関連する法令を遵守し、お客様から提供いただく個人情報を適正に取り扱うとともに、安全管理について適切な措置を講じます。個人情報に関する相談・苦情に迅速に対応し、個人情報の取扱いおよび安全管理に係る適切な措置について、適宜見直しを行い改善します。

1.個人情報の取得

当社は、十分な安全管理措置を講じたうえで、業務上必要な範囲で、かつ適法で公正な手段により個人情報を取得します。

2.個人情報の利用目的

当社は、取得した個人情報を当社の再生可能エネルギー発電設備の販売、建設工事、改修工事、検査・点検、運営・メンテナンスおよびこれらの業務の支援、これらに関するセミナー等の事業の実施、ならびに関連する商品およびサービス(関連会社または提携会社が取り扱う商品およびサービスを含みます)の案内および提供等に利用します。
当社は、上記の利用目的について、それられと相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲において変更することがあります。当社は、その変更を行う場合は、その内容を当社ホームページ(http://www.energyvision.tv)等により公表します。

3.個人データの安全管理措置

当社は、取り扱う個人データの漏えい、滅失またはき損の防止その他の安全管理のため、合理的かつ適切な安全対策を講じるとともに、万が一、問題等が発生した場合は、速やかに適切な是正対策を行います。

4.個人データの第三者への提供

当社は、次のいずれかに該当する場合を除き、ご本人の同意なく個人データを第三者へ提供しません。

  • 法令に基づく場合
  • 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  • 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  • 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
  • 個人情報の利用目的の達成に必要な範囲内において、業務委託先に個人データの取扱いの全部または一部を委託する場合
  • 当法人の会員のサービス、商品、セミナー等に関する情報を案内するために必要な個人情報を当法人の会員へ提供する場合
  • 当法人の事業に必要な保険契約に関して、契約締結、保険金請求等に関連する個人情報を保険会社へ提供する場合
  • 当法人の事業に関する相談、苦情もしくは事故への対応、紛争の解決に向けたあっせん等または関係者への情報提供等のために、当法人の事業に関連する公的機関、業界団体等へ必要な個人情報を提供する場合

当社は、上記の個人データを第三者へ提供する場合について、それらのいずれかと相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲において変更することがあります。当社は、その変更を行う場合は、その内容を当社ホームページ(http://www.energyvision.tv)等により公表します。

5.センシティブ情報の取扱い

当社は、政治的見解、信教(宗教、思想および信条をいいます)、労働組合への加盟、人種および民族、門地および本籍地、保健医療および性生活ならびに犯罪歴に関する個人情報(以下「センシティブ情報」といいます)を、次に掲げる場合を除き、取得、利用および第三者への提供を行いません。

  • 法令に基づく場合
  • 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合
  • 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合
  • 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合
  • 当法人の事業に関し、相続による権利承継または相続手続きを伴う事務等の遂行に必要な限りにおいて、センシティブ情報を取得、利用または第三者へ提供する場合
  • 当法人事業の適切な運営を確保する必要性から、本人の同意に基づき事業遂行上必要な範囲でセンシティブ情報を取得、利用または第三者へ提供する場合

6.個人情報の開示、訂正等の手続き

当社が保有する個人情報の開示、訂正、変更、削除もしくは利用の停止の請求、または苦情、相談などについては、下記のお問合せ先へ照会ください。照会者が本人であることを確認させていただいたうえで対応させていただきますので、予め了承願います。

【お問い合わせ先】

株式会社エナジービジョン お客様相談室(ご相談・苦情) TEL:03(5829)6424(平日10:00~17:30) FAX:050(3383)4769 メール:request@energyvision.tv

このサイトはreCAPTCHAによって保護されています。Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

必須
Marketing by
  • ※メールアドレスを登録後、資料をメールにてお送りいたします
  • ※資料ダウンロードを申請すると自動でメールマガジンに登録されます
  • ※メールマガジンはいつでも解除可能です
  • ※個人情報保護の観点より、プライバシーを遵守しております。