太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電O&Mのメリット・デメリット 10

太陽光発電所のO&Mを考える上で、メリット・デメリットを考察します。

雑草による影が、どれだけ売電金額のロスを招いているのでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【太陽光発電のO&Mは、エナジービジョンが運営する全国対応『新エネルギーサポーター』にご相談ください。『新エネルギーサポーター』では、低コストでしっかりとしたオペレーションとメンテナンスをご提案します。】

O&Mのメリットのひとつ、

太陽光発電所の売電利益の損失を最小限にできる

という点を説明します。

売電利益の損失を招く主な要因は以下。

A. 系統側理由による売電停止
B. 草木による影
C. 太陽光パネルの汚れ
D. パネルの故障・経年劣化
E. パワコンの故障・経年劣化
F. 積雪による発電低下

A. については、こちらこちらのブログをご覧ください。

B. については、どれだけ影が掛かるか次第で、影響の大きさは極端に変わります。

先日、スポット点検時に簡単な除草をした発電所の場合は、次のような感じでした。

・南向きに面した太陽光アレイに、隣の発電所に生えているセイタカアワダチソウの影が少し掛かっていた
・影を取り除くべくセイタカアワダチソウを刈り倒した

影2

刈り倒したのは20本弱だったと思います。この程度の本数でどれだけ影響出るかな?と、あまり期待していなかったのですが、遠隔監視データを解析して見ると、刈り倒し前と後では当該エリアのパワコンの売電量で7~8%程度は効率がアップしていました。

当該エリアのパワコン1台の年間売電金額はおよそ25万円ですので、その7%とすると年間17,500円のロスを取り戻したイメージです。今回は一部エリアだけでしたが、もし全体に雑草が生えていたなら売電金額約200万円の10%程度、20万円ぐらいの損となっていてもおかしくありません

隣地の樹木の葉っぱが、より大きな影響を与える場合もあります。

遠隔監視システムのデータで影の影響を推測することはできますが、やはり現地で目視点検することが手っ取り早いですね。

それと、
雑草が繁殖していると、昆虫が集まってきてパワコンのフィルターが汚れやすくなったり、昆虫を捕食する小動物が集まりパネルを汚したり、配線をかじったり、とろくなことはありません。
さらにフェンスに絡みついて重さで引き倒してしまう、なんてことも。

「太陽光発電事業は耐えざる雑草との戦いである」と誰かが言ったとか、言わないとか(笑)。

→つづく

2018/1/27 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

産業用太陽光発電所のメンテナンス・不安のご相談はお気軽に『新エネルギーサポーター』まで(無料)

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

約700基以上の太陽光発電所のメンテナンスに取り組んできた エナジービジョン社が、よくある発電量低下の原因と、 発電事業者ができる対策を丁寧に解説いたしました。

これを読めば売電ロス低下を防ぐことができます。ぜひダウンロードし、売電収入アップにお役立てください。

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

下記のフォームより必須項目を入力のうえ送信すると、
ダウンロード案内のメールが送られます。
メールの案内に従ってダウンロードしてください。

※しつこいサービスの勧誘は一切いたしません。いつでも登録を解除できます。

Marketing by