太陽光発電O&Mブログ

太陽光発電O&Mのメリット・デメリット 6

太陽光発電所のO&Mを考える上で、メリット・デメリットを考察します。

サビや漏電も甘く見てはいけません。場合によっては人命に関わることもあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【太陽光発電のO&Mは、エナジービジョンが運営する全国対応『新エネルギーサポーター』にご相談ください。『新エネルギーサポーター』では、低コストでしっかりとしたオペレーションとメンテナンスをご提案します。】

昨日のブログはこちら

O&Mの大枠でのメリットとして、下の1.2.3.があります。

1.太陽光発電所の設計・施工に問題がないか確認できる
2.太陽光発電所の安全性を確保できる
3.太陽光発電所の売電利益の損失を最小限にできる

1.についてはこちらのブログをご覧ください。

2.について、
設計・施工ミスがない場合でも経年劣化や外部要因により発生する、安全性の問題としては次のようなことがあります。

A. パネル故障が原因の火災
B. パワコン、接続箱、集電箱からの火災
C. ボルトの緩みによる架台、パネルの飛散
D. サビによる強度低下による倒壊
E. 漏電による感電

A.についてはこちらのブログを、B.についてはこちらを、C.についてはこちらをご覧ください。

今日はD. E.について、です。

杭基礎の地際は錆びやすい

杭基礎の地際はサビやすい

基礎や架台のサビは、経年により徐々に増えています。
特に単管パイプやスクリュー杭などの地際(じぎわ)腐食が懸念されています。

地際腐食とは、杭を打ち込んだ地面との際(きわ)の部分がサビる現象で、水分量や土壌の質、迷走電流の有無など、特定条件が揃った時に発生します。

本来はサビない材料を使っているはずなのに、まれに激しくサビていることがあります。

サビが進行し強度が失われれば倒壊の心配が出てきますが、残念ながら太陽光業界においては、まだまだ知見が足りない部分で、定量的な判断基準がありません。

交通標識などは地際腐食の発生を抑える工法が取られていますが、太陽光の場合、コストの関係でそのような工法が取られることは滅多にありません。

今後、経年によるサビがどんどん進行していきますので、低コストな対策の確立が望まれています。現時点においてはサビの状態をしっかりと把握して経過観察することが大切です。

またE.の漏電による感電事故は、今のところ聞いたことはありませんが、小動物がケーブルをかじることもありますので、いつ発生してもおかしくないでしょう。

直流で数百ボルトの電圧が流れていますので、万一、感電事故となれば大変な事態となります。

太陽光発電所の安全性の問題は、金銭的な損失よりも重視して考えるべきこと、と思いませんか?

→つづく

2018/1/20 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

産業用太陽光発電所のメンテナンス・不安のご相談はお気軽に『新エネルギーサポーター』まで(無料)

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

約700基以上の太陽光発電所のメンテナンスに取り組んできた エナジービジョン社が、よくある発電量低下の原因と、 発電事業者ができる対策を丁寧に解説いたしました。

これを読めば売電ロス低下を防ぐことができます。ぜひダウンロードし、売電収入アップにお役立てください。

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

下記のフォームより必須項目を入力のうえ送信すると、
ダウンロード案内のメールが送られます。
メールの案内に従ってダウンロードしてください。

※しつこいサービスの勧誘は一切いたしません。いつでも登録を解除できます。

Marketing by