太陽光発電O&Mブログ

やぎや羊で除草するのは…

太陽光発電所の雑草対策のひとつとして、やぎや羊を放し飼いにして草を食べさせる、というやり方もありますが…。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【太陽光発電のO&Mは、エナジービジョンが運営する全国対応『新エネルギーサポーター』にご相談ください。『新エネルギーサポーター』では、低コストでしっかりとしたオペレーションとメンテナンスをご提案します。】

 

やぎや羊が雑草を食べてきれいにしてくれれば、かなりエコな感じがしますので、一時話題になりました。

今でもたまに「やぎや羊を使うのはどう?」と聞かれることもありますが、デメリットが多すぎてあまりお勧めできる手法ではありません。

メリットとしては、
・エコな感じがする
・話題になる
ぐらいしかありません。

デメリットは、
・生き物なので手間が掛かる
 雑草だけでは餌が足りなくなることがある
 飲水をやらない訳にはいかない
 糞の片付け
・結果、人手が掛かるので費用削減できない

IMG_2408

もしほったらかしにして、やぎや羊が死んでしまったとしたら、
その死体が発電所に転がっていたとしたら、
きっと大騒ぎになりますよね。

そうしないためには一生懸命世話をしてあげなければなりません。

でも、やぎや羊の世話に人手を掛けるぐらいならその分で除草した方が、ずっと早いしコストも安くすむと思いませんか?(笑)

2018/2/15 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

約700基以上の太陽光発電所のメンテナンスに取り組んできた エナジービジョン社が、よくある発電量低下の原因と、 発電事業者ができる対策を丁寧に解説いたしました。

これを読めば売電ロス低下を防ぐことができます。ぜひダウンロードし、売電収入アップにお役立てください。

太陽光発電の発電量低下の原因一覧

下記のフォームより必須項目を入力のうえ送信すると、
ダウンロード案内のメールが送られます。
メールの案内に従ってダウンロードしてください。

※しつこいサービスの勧誘は一切いたしません。いつでも登録を解除できます。

Marketing by